心臓ドックを積極的に受けましょう~早期発見の重要性~

先生

自宅で家族と過ごしたい

看護師

現在、病院等での療養を受けるよりも、住み慣れた家族と愛する家族がいる家で在宅医療を受けるという人が多く、人気となっています。もちろん、家族の負担は多少あるものの、国が在宅介護を推進しており、世田谷区でも自宅で十分な在宅医療を受けることができます。この在宅医療はこの先拡充していくでしょう。

読んでみよう

病気のサインに気付いたら

女性

人間が生命活動をするためには、循環器を正常に維持していくことが大切です。そんな心臓や血管の異常によって引き起こされる体調不良等の症状に気付いたのならば、できるだけ早めに循環器科に行くことをオススメします。

読んでみよう

動いている為発見しにくい

医者

負荷をかけている臓器

心臓は、人間の体全体へ血液を送り出すポンプで重要な役目を果たしています。肥満や疲労など心臓に負担をかける機会が多い現代では、想像以上の負担を心臓にかけていることになります。24時間止まらずに働き続ける心臓の異常状態を早期発見する上も心臓ドックは大事な検査です。心臓ドックでは、一般の人間ドックでも行われる採血や尿検査、心電図や胸部レントゲンなどの検査に加えて、医師による問診、ホルター心電図など様々な検査が行われます。心臓の形を映像化し観察することで心臓の機能異常を発見することができるのです。負荷心電図は心臓にわざと負荷をかけることで運動時と同じ状態を作り出すことができ、その状態での不整脈などを見つけ出すことができます。

早期発見で治療が可能

心臓は無意識で動いている臓器です。そのため心臓のちょっとした異常ない動きにも気づきにくい特徴があります。いざ病気になったときに心臓の異常を発見し、その時には症状は悪化していることも少なくありません。心臓は血管と深く結びついており、動脈硬化などが要因で心筋梗塞や心筋症などの心臓の病気に発展することも少なくありません。そのため心臓ドックでは心臓だけでなく採血など全身の人間ドックも同時に行うことが効果的なのです。心臓の手術は大掛かりなもので、どの手術も簡単ではありません。早期発見であれば、薬による治療や食事療法など手術以外の対策をとることも可能になります。そのため定期的に心臓ドックを受けて、心臓の健康状態を確認しておくことが大切なのです。

完治が難しいがん

インテリア

すい臓がんの初期は何の自覚症状もありません。また体の奥深くに位置しているために、画像診断ではなかなか見つけにくいがんになっています。進行速度も速く見つかった時にはすでに手遅れ状態ということも多いがんになっています。

読んでみよう